接客マナー講師の話を聴いて「目から鱗」って本当ですか?



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

さて、今年最後のブログとなりました。

なにを書こうかなと考えた結果、

ものすごくシンプルなことを書くことにしました。

 

 

講演や研修でもよく申し上げることですが、

正直いって、

接客マナー講師の話を聴いて

「目から鱗」なんてこと、ないと思うのです。

 

 

・キチンとした服装をしなさい

・姿勢を正しましょう

・話を聴くときはちゃんと相手の目を見なさい

・返事をしましょう

・いつも笑顔を心がけなさい

・思いやりの心をもちましょう

・困っている人がいたら助けてあげましょう

・挨拶をしましょう

・なにかしてもらったら「ありがとう」

・いけないことしちゃったら「ごめんなさい」

・キレイな言葉遣いをしましょう

などなど。

 

 

どれもこれも、

親や学校の先生から

言われたことがあるものばかり

ではないでしょうか。

そして、

接客マナー講師のいうことって

ほとんどこれと被ってませんか?

 

 

プロの接客には

これらに「スキル」とか「テクニック」というものが

必要になることがありますが、

それはあくまでも枝葉の部分です。

 

 

人と人とが関わるなかで大切なもの

これらのような

昔から言われてきたものがほとんど。

これらの根っこになるものを疎かにして

テクニックだけを学んでも

お客さまの目には

嘘くさいというか不自然な姿に映ってしまいます。

 

 

まずは、

「知っている」 だけで済ませずに

しっかりと 「やってみる」。

それだけで大きな違いになると思います。

 

 

「知っている」 と 「やっている」は異なるもの。

そして、

「やっている」 と 「できている」も異なるので

このあたりから接客マナー講師の力も

必要になるのかなと思うのですが(笑)

初めの一歩は、

「知っていることを丁寧にやり続ける」

ということが大切です。

 

 

知っていても、学んでいても

やっていなければ

伝わらないどころか、

誤解を招くこともあります。

気持ちや想いがあるにもかかわらず、

そのような行き違いは悲しすぎます。

 

 

というわけで

来年もわたしは、

「想い」「気持ち」「心」をお持ちの皆さまの

お役に立てるような記事

発信していきたいと思います!

 

今年は色んなことがありました。

歩みを止めずに

2016年の年の瀬を迎えることができたのも

いつも応援してくださる皆さまのお陰です。

本当にありがとうございました(^^)

また来年もよろしくお願いいたします。

どうぞよいお年を~♡

832f971921973b0801f47a6a45bc022e_s

 

 

 

 

☆11月9日発売 ※4刷が決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(株式会社アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.