忙しいとき、ついついやってしまうこと



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

先日、

友人とランチ&お茶をしたときのこと。

今回は2つの事例を紹介しますが

どちらも忙しいときにやりがちなことです。

 

まずは1つ目。

ランチを食べたお店は

ご飯とお味噌汁がおかわりできる店。

トレーの上におかずと共に

ご飯、お味噌汁ものせられて

テーブルに出てきました。

 

パッと見にはほとんど食べ終わったころ、

友人は

お味噌汁のおかわりをしようとしました。

スタッフに声をかけようとしたのと同時に

我々のテーブルにスタッフがきて、

「おさげしてよろしいですか?」

と。

 

 

もし、そのように聞かれただけなら

「お味噌汁のおかわりいただけますか?」

と友人も言えたのでしょうが、

「おさげしてよろしいですか?」

の言葉と同時に、

友人のトレーは持ち上げられていました(笑)

 

何が何でもお味噌汁のおかわりが欲しければ

「まだ食べてます。

お味噌汁のおかわりください」

と私ならいうかもしれませんが、

「一度さげられたトレー」って

気分のいいものではないですよね。

 

「おさげしてよろしいですか?」

「おすみでしょうか?」

と聞くならば返事はちゃんと聞きましょう。

 

2つ目。

そのあと友人とカフェに行きました。

私があらかじめ友人の注文を聞き、

ひとりでレジに向かいました。

 

 

勢いよく、

「ご注文お伺いします!」

とスタッフさん。

「ロイヤルミルクティーのHOTを

2つください」

と言いたかったのですが、

「ロイヤルミルクティーのHOT…」

まで聞くや否や

「350円です!!!」

と遮られました。

 

大人げなく負けずに

「を、ふーた-つーッ!!」

9cfd8c4279f16b3c1fb732b2a205b0bc_s

と勢いよくつけ足しました。

最後まで聞けオーラとともに(・ω・)ノ

 

忙しいと

ついついやってしまうことかもしれません。

人間だれでもミスはあります。

でも、やってしまったなら

「失礼しました!」ですよ。

そのひとことって大事です。

ない場合は

このようにブログに書かれてしまいます♡

 

 

 

 

 

☆11月9日発売 ※3刷が決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(株式会社アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.