「どっちがおススメですか?」と聞かれたら沈黙はNGです



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

先日、どこのお店だったかは

サッパリ記憶にないのですが

オーダーを取っているときの

隣のお客さまとスタッフのやり取りを聞いていて

思わず飛び入り参加したくなりました(・ω・)ノ

 

9c776406a92bb1c4f5c41c78a8e493e6_s

 

 

そのときのやり取りはこんな感じ↓

お客さま 「AとBって、どっちがおすすめ?」

スタッフ 「そ~ですね~・・・(沈黙)

お客さま 「どっちが人気あるの?」

スタッフ 「どっちも人気があるので…(尻切れ)

お客さま 「そっか、どっちにしようかな…」

スタッフ 「・・・・・・(沈黙アゲイン)

 

 

隣で聞いていた私は、

「早くどっちかススメてあげてよ!

と言いたい気持ちでいっぱいでした。

 

本当にどちらも同じくらい

人気があるのかもしれません。

「どっちがおすすめ?」と聞かれても

どのように勧めたら良いのか

言葉に迷ったのかもしれません。

 

 

でも、

メニューを決めかねているお客さまは、

なにか情報が欲しいのです!

本来ならば、

お客さまにお出しする料理については

事前に情報を準備しておくもの…

とはいうものの、

実際の現場ではそのようなことを

徹底するのは難しいのではと想像します。

 

 

そんなときには、

難しく考えずに

「女性のお客さまは、

よくAをお選びになるようです」

とか、

もっと砕けてもいいので

「どちらもおススメですが

私は、個人的にBが好きです!」

とか、

なんか言いましょう。

沈黙よりずっとマシです!!

 

私は、

梅酒のソーダ割が好きなのですが

メニューに梅酒がたくさんあると

「どれがおススメですか?」と

たまに聞きます。

そんなとき、

とりつく島もなく

「お好みによります」

と返されると

「そりゃそーだ!」

としか言えません。

「お好みにもよりますが…」

のそのあとに、なにか情報をもらえると

「じゃ、それにします♡」

と素直にオーダーできるのは私だけでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

☆11月9日発売 ※増刷決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(株式会社アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.