いい接客を受けても記憶はすぐに上書きされてしまう怖さ



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

先日、

高級ブランドの路面店に入ったときのこと。

 

私は、

「今日は買わない、見るだけ」というとき

普通の店でも

1人で入るのを躊躇するタイプです。

ましてや、

高級ブランドのお店は

一人で入るのに勇気がいります。

(ラーメン屋さんにひとりで入るのは平気♡)

 

 

しかし、数週間前、

母と一緒に同じブランドの別の店舗に行ったとき

親しみのある接客をしてくれるスタッフさんがいて

「あ、なんだ。大丈夫なんだ…(何が?笑)

と安心したのです。

 

 

そんな安心感をもってチャレンジした

久しぶりの一人高級ブランド店。

 

 

商品に手を触れるときも

スタッフに断りをいれるマナー良しのお客として

果敢に挑戦したわけですが、

商品について質問をしたとき

「この人、慣れてないわね」という

スタッフが醸し出した冷たい空気

肌で感じ取ってしまいました。

 

 

それでも、

せっかく来たのだからと思い、

心折れることなく

自分へのご褒美にと考えているものや

母が気に入っていた商品を確認しようと

見せてもらうことにしました。

6d186a8767d2b9d1a124dd50e203e81f_s

 

 

そのとき、

「今日は見るだけなんですけども」

という私の言葉を聞いた

スタッフの表情は曇りました。

一瞬でしたが、ちゃんと視界に入りました。

 

 

そこで私の脳内はこうなりました。

「高級だからってなによ」

「商品は高級かもしれないけど、

その接客態度…。

なにか勘違いしてるんじゃない?」

(↑言い過ぎ?)

 

 

しかし、よーく思い出してみると

他の店舗で接客してくれたスタッフさんは

とっても感じがよかったんです。

つまり、

ブランドは関係なく、

スタッフ個人の問題です。

 

 

それなのに私の記憶は

そのブランド=上から目線

というように

すっかり上書きされていたんです。

本当ならば、プラマイゼロなんですけどね。

 

 

そして、この「上書き」は

悪い印象のときのほうが

簡単で、そして根強く残るもの。

 

 

だからこそ、

スタッフの接客スキルのバラつきは

無くしていく必要があるんです。

特に、

高級、上質、伝統、気品という類の

商品を扱ったり、サービスをする人は

いらぬ誤解を与えがちになります。

(前職でよく言われたこと…)

頭の片隅に置いておいてくださいね♡

 

 

 

 

 

 

☆11月9日発売 ※増刷決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(株式会社アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.