不用意に言葉を重ねた結果、深みにはまった事例



こんにちは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

先日、某駅から仕事先へ向かうために

タクシーを利用したときのこと。

予定では時間に余裕をもって駅に到着し、

徒歩で現地まで向かうはずでした。

ところが、私のミスにより

なんと25分ものロスタイムが発生。

(ミスの理由は聞かないでください)

 

慌てた私は駅からタクシーを使うことに!

駅からたった1メーターの距離、

かつ大きな建物だったので

運転手さんは道を知っているだろう

とは思いつつ、

過去、似たような状況で

道を間違われたケースがあったので

念のため、

「○○までお願いします。

道・・・わかりますか?」

と運転手さんに確認。

 

すると、

「この付近でタクシーの運転手をやっていて

そこを知らない運転手はいませんよ」

という返事が。

運転手さんのプライドを傷つけるような

確認方法だったかしら?と思った私は

「すみません。以前、駅から1メーターで

道を間違われたことがあったので」

と謝罪し、確認した理由を述べました。

 

 

ここまでならばよかったのです。

しかし、この運転手、

まだこのネタで引っ張りました。

ついには

「そんな質問されたら

からかわれてるのかと思っちゃいますよ」

と…

 

ただでさえ時間ギリギリで気持ちに余裕もなく

しつこさにイラっとしたわたしは、

「どーもすみませんでした!!」

という再度の謝罪に精一杯の

怒りを乗せました。笑

もう黙ってほしかったんです。

 

 

ようやく

自分がやらかしたことに気づいた彼。

ところが

黙っていればいいものをさらにこう続けました。

「○○なら有名だからいいんですけどね、

困るのは高齢者なんですよ!

地図にも載っていないような小さな病院に

行ってくれ…なんていうので」

 

彼が困らされているという

高齢のお客さまを引き合いに出すことで

わたしに取り繕うことを考えたのでしょう。

しかし、

その目的で他のお客さまの悪口をいうなんて

もってのほか。

 

もうこの運転手と口をききたくないわたしは

華麗にスルーをしていたわけですが、

降車時、料金730円の表示金額に対し

1230円を出したわたしにこう言いました。

 

 

「もしかして…

小銭はもちたくない主義ですか?(・ω・)」

(まだ言うか…)

25716afc2a0a32f5e9b46a3108c75c3d_s

気分を害しているお客さまの気持ちを

取り返そうとした結果、

どんどん深みにはまっていく事例でした。

「やらかしてしまった!」

と思ったときは慌てず騒がず

静かな対応をした方が反省が伝わります。

不用意に言葉を重ねると

自爆しますのでご注意ください。

以上、ご参考までに♡

 

 

 

 

 

 

人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(株式会社アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.