ミスをしたあとのお客さまへの再アプローチは慎重に…



こんにちは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

昨日、

ある業者さんがうちへくることになっていました。

約束の時間は17:00。

 

ところが17:20になってもこない…

 

カレンダーに記入した「17:00」という時間が

「17:00にくる」なのか

「17:00以降にくる」だったのか

私自身も記憶になかったため

その会社に電話をかけて確認をすることに。

 

そこはいつも電話対応が過剰なほどに丁寧。

いや、丁寧というか

前置きが長く余分な情報が多い(笑)

 

私はサクッと時間を確認したかっただけなのに

なんじゃかんじゃと長く引っ張られた挙句、

結論は

「担当者がいなくてわからないから

かけ直す」

でした。(折り返しの電話までに要した時間20分)

 

そしてその折り返しの電話も

なんじゃかんじゃと引っ張られ、

「で、結局何時にくるの?」

という情報だけがほしいのに

なっかなか言わない!

 

「はよ言わんか」

と思って聞いていると

どうやらあちらのミスで

予約受け付けが完了していなかったため

今日はこられないとのこと…(T_T)

17:00に間に合わせるため

急いで帰ってきたのに~涙

 

67dd52626b02c1d0766c85eaf0a15b05_s

 

 

でもまあ、

ミスを責めても仕方ない。

本日の夕方にくるというので

それでお願いすることにしました。

 

 

ところが

本日10:45に電話があり

いつものようにまたなんじゃかんじゃと

前置きが長い!笑

電話の内容を要約すると

「昨日は多大なるご迷惑をかけた。

ご迷惑をかけたので

今日予定時刻よりも早く伺えそうなんだけど

いかがでしょうか?」

というもの。

 

 

しかし、その提案時刻は

「ただいまから15分後に到着」

というもの( ゚Д゚)

 

 

それって、

「迷惑をかけて申し訳ないから

何としても早くうかがう」

ではなく、

「急なキャンセルがあったから

その穴埋めにちょうどいい」

と思って連絡してきたんじゃないの?

と感じるのは私だけでしょうか。

しかも日曜の午前なんて

まだ部屋着にスッピンでウダウダしてます。

急にこられても困る。

(七條限定かもしれないけど)

もしかすると本当に

昨日のミスに対するお詫びの気持ちも

あったかもしれないけれど

「ミスの上塗り」

としか感じることはできなかったです。

不手際があったとき、

再度のアプローチは慎重に・・・ですね♪

 

 

 

 

 

人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(株式会社アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.